» 【富士山クリーンプロジェクト 2014】 清掃活動現場 事前下見

【富士山クリーンプロジェクト 2014】 清掃活動現場 事前下見

先日、スタッフによる本年度の活動場所の下見が行われました。

結論から申しますと、昨年のような大規模な不法投棄ゴミが大量に埋まっているような現場ではないようだとの事です。

IMG_5336

(先日下見を行った、2014年の清掃活動現場の様子の一部です)

昨年の現場があまりにも近年稀に見る、酷過ぎる現場だったので、昨年もご参加頂いた皆様はもしかすると拍子抜けしてしまうのではと思われるものの、富士山麓ではこうした木々の合間をぬって、依然として不法投棄のゴミが散乱しているのが実情です。

そうした現状がある中、ユネスコの諮問機関である、世界遺産の実質的な審査を行う国際記念物遺跡会議(イコモス)が、富士山を世界文化遺産登録を適当と勧告して世界文化遺産に昨年晴れて登録となったものの、そのイコモスからは2016年2月1日までに富士山周辺に関する「保全状況報告書」の提出が求められています。

(その詳細については、例えばこちらの記事などでも紹介されています

   野口健さんの記事 : http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140731-00010000-php_s-nb

  日経webでの記事 : http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0400F_V00C14A2000000/ )

そんな中、我々はただ粛々と少しでも富士山が本当に美しい山として世界に誇れる状態にしていくお手伝いが出来ればと思います。

尚、活動当日は、山の斜面の木々の間をぬって動き回ったりすることもあって、思いの外の運動量となるので、汗をかくことが多いです。また昨年もそうでしたが、直前に台風や雨に見舞われると、活動現場が湿っていて泥にまみれてしまうという事もまま有ります。ですので、ご参加の皆さまのお手元には「ご参加証」が届いている事と思いますが、持ち物と服装の欄はくれぐれも再度チェックをお願いします。

朝と日中、そして日中でも陽射しのある場所と木々の中では寒暖の差が結構有り、活動直後で汗をかくと、しっかりケアしないと思わぬ風邪をひいてしまう事もあるかも知れません。

そして本日は富士山で初冠雪も観測されました!

いよいよ本格的に秋めいて徐々に冷え込んでまいりますので、例えば吸汗速乾性の高いインナーを着用したり、すぐに羽織れたりレインコートとしても使えるようなアウターなどを持参して頂くなど、皆様の状況に応じたご準備で、当日の参加をお待ちしております。

DSC_1467

(2014.10.16 東名高速静岡IC付近から望む、この秋初冠雪の富士山)

BACK NUMBER