»  【ふなっちゃん通信2016】Vol.4 富士山クリーンプロジェクト直前情報

【ふなっちゃん通信2016】Vol.4 富士山クリーンプロジェクト直前情報

いよいよ週末に富士山クリーンプロジェクト2016が迫ってまいりました。みなさん準備はどうでしょうか?もちろん1週間前から万全の準備をしておかなければ、富士山麓で遭難してしまうほどの話ではありませんが…直前なのであらためてご案内しておきましょうね。

 

まずは安全に楽しく富士山麓をきれいにするためには、身支度をしっかりとしておかなければいけません。特に初めてご参加される方々はイメージが湧きづらいかもしれませんよね。10月下旬といえば静岡市内ではもちろんまだまだ暖かい日もありますが、富士山麓はそうはいきません。特に今回の清掃活動現場は、同じ静岡県でも最も寒い場所と言っても過言ではない、富士宮市朝霧高原。静岡市からは標高差でおよそ700mは違う場所です。標高が100m違う場所では単純計算で気温が0.6°C下がりますから、4〜5°Cは低いことは当たり前です。活動現場は森の中で樹々に覆われていますが、一般的には風が1m/s吹くと体感気温は1°C下がります。

しかし、清掃活動に取り組んでいると、どうしてもみなさんの熱意と運動量によって汗をかくほどに暑くなったりもします。おまけに森の中ですからまだまだ蚊などの虫も飛び回っていますし、棘などのある植物、肌がかぶれやすい植物もあるわけですから、できる限り肌の露出は控えないといけません。着て行くものについては本当に悩みの種ですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

私がこの季節にみなさんにおすすめしているのは、肌着に長袖のTシャツ、その上から半袖のTシャツ、さらにその上にフルジッパーで前が開けられるブルゾンなど(汚れても平気なもの)を着るのがいいと思っています。もちろん個人個人のセンスや趣味で違いはあるでしょうが、要するに普通に2枚重ね着の寒さ対策でアウター1枚。そんなイメージです。下はもちろん長ズボンです。ジーパンは仮に雨が降ってきた時に濡れると重くなって歩いていると疲れちゃいますが、しっかりとしたジーンズはもともとワークパンツなので、実は野バラなどの棘にも強く便利だったりします。でも腰履きはやめてくださいね(笑)。もちろんアウトドア用の長ズボンが便利なのは言うまでもありません。

雨具は必ずお持ちください。富士山クリーンプロジェクトをサポートして下さる富士山クラブさんと野口健さんの清掃活動では、ちょっとやそっとの雨では作業を中止することもありません。ポンチョタイプのカッパは、あまりオススメできませんので、できれば上下分かれたものをご用意ください。そして雨具がすぐに出せるように、清掃活動現場に持っていくことのできる小さなリュックなどに入れておくのがいいですよ。途中の休憩で飲みたくなるお水やお茶などのペットボトル等を入れておくのにも便利です。

足元は履きなれた靴がベストです。野口健さんに会えるのだからおしゃれして新調した靴で参加したい気持ちはわかりますが、目一杯汚れることを覚悟で履きなれたものでお越しください。雨の場合にはもちろん長靴でも結構です。薄いスニーカーなどは、どんなに履きなれていても靴の中に土や泥が入りやすいので、山や森の中ではやめたほうがいいでしょう。いわゆるトレッキングシューズが一番いいでしょうかね。

帽子も、必ずお持ちになってくださいね。森の中での作業にはどんなに注意をしていても不測の事態が起こることを予測しておく必要があります。特に、頭上からの落下物(木の枝等)はちょっとした風が吹いても起こり得ることです。たった帽子ひとつではありますが、木の枝は大切な頭を守るのに少なからず役に立つ重要アイテムです。もちろん直射日光を避けるためのものであることは言うまでもありません。

 

黒っぽい服装は避けましょう!

 

こうした着るものについては、できる限り黒っぽいものは避けたほうがいいんです。10月下旬とは言えまだまだスズメバチがあちらこちらで飛び回っている季節です。森の中では注意深くしていても、偶発的にスズメバチに遭遇することはあるものです。スズメバチが黒っぽい色に対して攻撃をするこ

とはよく知られていることではありますが、いろいろな説があります。例えばスズメバチは世界を白か黒かのどちらかで(つまりモノクロで)認識しているという説、天敵であるクマなどの色が黒である説、多くの動物の急所(目や頭)が黒である説、などなど。どんな説であるにせよ、黒っぽい服装が危険であることは言うまでもないことですので、あえてのモノトーンはやめましょう。

付け加えると、整髪料や香水などの香

りが強いものを身につけるのはよくありません。香水などには蜂が刺すときに出す毒と同じような成分が含まれているものが多いです。ハチの毒については刺されたときのアナフィラキシーショックが有名ですが、スズメバチたちは毒を指す時にだけ出しているわけではありません。攻撃行動中には空中散布もしているんです。スズメバチの毒には攻撃フェロモンと呼ばれる成分が含まれていて、空中散布された毒を目指して他のハチたちが集まり、攻撃態勢をより強固なものにするんです。整髪料や香水をつけて野口健さんの気を惹きつけようとしても、集まってくるのはスズメバチばかりですからね(笑)

 

富士山クリーンプロジェクト2016の当日、みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!がんばって、また少し富士山をきれいにして気持ちいい秋の一日を過ごしましょう!!

160925_005-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

BACK NUMBER